image

老眼の回復方法について

手術による回復方法

手術による方法にはレーシック、老眼治療カメラ、フェイキック、CKなどがあります。
レーシックはレーザー機器または眼球用カンナを利用して角膜の表面を薄く削って
ふたを作り、角膜実質層にレーザーを照射して一部を削るもので、2種類の方法が
あります。

一つはモノビジョンレーシックで、片方の目を近くが見やすく、もう片方の目を遠方が
見やすく矯正し、両眼で見た時に遠くも近くも見えるようにするものです。

もう一つは老眼矯正レーシックで、角膜の中心部と周辺部の厚みを変えて矯正し、近く、
中間、遠方にも焦点が合うようします。

しかし、レーシックには夜間の視力低下や術後の合併症などのリスクがあります。
また、手術に適合しない場合もあるため、施術前の検査を十分に行う必要があります。

老眼治療カメラは角膜に薄く小さなリング状のフィルムを挿入し、ピンホール効果を
利用して改善する方法です。

フェイキックは角膜を削らない視力回復法で、遠近両用コンタクトレンズを虹彩と水晶
体の間に埋め込む方法です。

レーシックと異なり角膜を削らないので、術後の不正乱視がなく、レンズを取り除くこと
が出来るので、元の状態に戻せるメリットがあります。

CKは高周波を照射して角膜周辺部の組織を収縮させ、近くを見やすくする矯正法です。

白内障のある人には濁った水晶体を摘出し、透明な遠近両用眼内レンズを挿入する白内
障手術レーシックがあります。

手術以外の回復法

眼の周囲にある毛様体筋を鍛える方法です。これは3Dアートを見て行うもので、平行法
と交差法の2種類があります。平行法はリラックスして遠くをぼんやり見るような目線で
毛様体筋を緩め、緊張を解します。

交差法は毛様体筋を緊張させ、寄り目で見る方法です。
この2つの方法を交互に行う事で、毛様体筋を鍛えます。慣れてきたら絵を使わず、
眼の動きだけを行います。

同じ目の病気でも老人ではなく子供がよくなる目の病気は仮性近視です。