image

老眼は年齢と共に進行する

 

老眼は誰でも年齢を重ねれば誰でもなるもので、平均すると40歳前後から症状
が現れます。早い人では30代、遅くても50代になると近いところが見えにくく
なるなどといった自覚症状が始まります。

近くが見えにくくなるのは水晶体の調節機能が加齢により衰えてくるためで、
年齢が進むにつれ焦点があう距離はどんどん長くなっていきます。

45歳では平均すると45cm程度ですが60歳になると1m先のものでも見るのが難しく
なってきます。

見えにくいのを我慢して無理に見ようとしていると肩こりや目の疲れ、頭痛など
の症状が起こることもあります。

老眼で最も知られている症状としては至近距離の文字や物が見えにくくなるという
ものですが、その他にも夕方薄暗くなってくると見えにくくなるとか、目がかすむ
ようになってくる場合もあります。

30歳過ぎてこのような症状が現れたら、眼科で検査を受けたほうが良いでしょう。

目にあった老眼鏡を作ることが老眼を進行させないためには大切です。

また老眼を予防したり改善するには目の疲れをとったり細胞の新陳代謝を助ける
働きをするアントシアニンやルチンなどの栄養素を積極的に摂る事が効果があり
ます。

ビタミンAは目の粘膜を守りビタミンB2は眼精疲労を軽減します。ビタミンCは抗酸
化作用に優れ老化予防に有効です。

目が疲れると早く老眼になると共に進行しやすくなるので、パソコンなど見る機会
が多い人は定期的に目を休めるなど日頃のケアが大切です。