image

眼科で老眼の治療を受ける

 

加齢などによって近くのものが見えにくくなったりする老眼の症状は、誰にしも
起こりうるものです。

目の水晶体の調節機能の低下によって近くのものが見えにくくなってしまったり、
遠くを見たときにピントがすぐにあわなかったりするようになります。

こういった老眼の症状が出てきたからと言って、安易に老眼鏡をかけるようにして
しまうと、目の周りの筋肉が眼鏡に頼ってしまうようになり、更に衰えていってし
まうため症状は進行していってしまいます。

気になる場合には老眼の治療を眼科で受けることができます。

種類はいくつかありますが、その中の治療法のひとつにラジオ波を眼の角膜に当てて、
コラーゲン組織を収縮させると言う手術方法があります。

これによって角膜のカーブが変形して見えにくくなっていた近くのものが見えやすく
なります。また遠くのものも極端に見えにくくなると言うことはなく、簡単な手術で
老眼治療効果を期待できる方法でもあります。

コンタクトレンズを普段つけているという人は、手術前はその利用を中止しておく必
要がありますし、手術を受ける人は適応検査を受ける必要があります。

適応検査は角膜形状分析や角膜内皮細胞検査などです。

また手術後にも定期的な診察を受ける必要があります。

老眼鏡に頼ることなく、症状をどうにかしたいと悩んでいるのであれば、普段から眼
の筋肉を動かすと言うことを意識してみたり、眼科を受診して自分にあった治療法の
相談をすると良いでしょう。